芭蕉の脚力普通だった

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

→→54
→→54
金森敦子「『曽良旅日記』を読む」
金森敦子「『曽良旅日記』を読む」

 “芭蕉忍者説”では、数えで46歳になる松尾芭蕉が健脚で「奥の細道」の旅をできたのは、芭蕉が鍛えられた忍者だったからとするものが多い。ここで実際に旅程を検討してみる。

 「奥の細道」の旅程は、芭蕉の記した「おくのほそ道」よりも、随行者・曽良の残した日記(曽良旅日記)にるべきである。幸いにして、詳細に検討した金森敦子著「『曽良旅日記』を読む」(2013年)があり、それにもとづいて次のデータを記す。

 「奥の細道」の旅は、総行程約450里(1768キロ)、日数156日間で、移動日の平均距離は7里半(約30キロ)だったという。1日に40キロ以上歩いた日が7日ある。このうち長いのは8月8日の森田―今庄間が48キロほど、5月4日白石―仙台国分町間が51キロほどであった。

 江戸時代の男性の平均歩行距離は1日10里(39・3キロ)といわれる。東海道(日本橋から三条大橋)124里8丁(488・1キロ)を12泊13日で歩く旅が標準で、これは1日で37・54キロである。

 伊賀者の歩行術といわれる不及流歩術で1日160キロ、神速歩行術を身につけていた伊勢・射和いざわの商人、竹川竹斎が1日150キロを歩いたそうで、このくらい歩けば忍者といえるだろうが、芭蕉は、長く歩いた日でも、平均男性の3割増しに過ぎない。つまり芭蕉は驚くほどの脚力の持ち主というわけではなく、健脚に基づく忍者説は成り立たない。

 芭蕉は、死後半世紀のうちに神格化され、芭蕉説話ともいうべき虚構性の強い逸話が量産された。にもかかわらず、速歩の忍術を使って忘れ物を取ってきたり、隠形おんぎょうの術を使って家に忍び入って人を驚かしたりするような、よくあるパターンの忍術説話が芭蕉には存在しない。あること、ないことが書かれている芭蕉に、忍術を使った話が一切ないことは重視すべきであろう。

吉丸雄哉教授
吉丸雄哉教授

 吉丸雄哉・人文学部准教授

 日本近世文学。東京大院修了。国際忍者学会の運営委員(編集)を務める。

55072 0 三重大発!忍び学でござる 2018/12/19 05:00:00 2018/12/19 05:00:00 金森敦子「『曽良旅日記』を読む」 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181219-OYTAI50003-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ