読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

アフリカで「知恵」伝える

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

→→56
→→56
宣教師の市橋さん(昨年11月、津市で)=久松氏提供
宣教師の市橋さん(昨年11月、津市で)=久松氏提供

 私の県立津高校の同級生、市橋隆雄君は、アフリカで子どもたちに忍者の知恵を伝えている。彼は亀山市出身で、品川キリスト教会(プロテスタント)の宣教師。ケニアの首都ナイロビで30年も働いている。帰国した際にテレビで偶然私を見かけ、三重大学・伊賀研究拠点を通じて連絡を取ってきた。津駅前のホテルで昨年11月、半世紀ぶりの再会を果たした。

 彼はナイロビでスラム街の子どもたちの教育に取り組み、ここ15年ほどは教育活動の拠点となる「コイノニア教育センター」の建設に奔走。時々帰国しては、国内各地を巡回し、活動報告と資金調達をしているのだという。

 市橋君いわく「スラムの子どもたちに必要な本当の援助は、食べ物ではない。与えられた能力を使いこなす知恵を、幼い時から育てていく教育だ」。そのために、彼自身が子どもの頃に親しんだ「忍者遊び」を取り入れたいのだとか。

 私が試作した「忍者食」などを通して、忍者の知恵をアフリカの子どもたちに伝えたいという。戦国時代、どのようにして農民の子を忍者に育てたのかを想像してみると、漠然とだが、彼の教育方針にどこか似ていそうだ。

 若者に自信と勇気を持たせる指導は難しい。農民の子から忍者を育成する指南書があったら、当時と今の社会認識の違いはあるにせよ、忍者独特の知恵をもっと生かせるのにと思った。

 市橋君の「忍者遊び」は、幼なじみの祖父が伊賀市柘植町出身だったのがきっかけ。そのおじいさんの指導で、亀山市南野町あたりで遊んだという。

 目を閉じて砂利や瓦を打つ雨音を聞き分けたり、人の動作を真似まねてみて癖を捉えたり。植物の葉や茎をんで味を覚えたそうだ。松の葉を噛むと、喉の渇きを癒やせることも教わった。また、田んぼの中で抜き足・差し足をしたり、和紙を水に濡らして破らないように紙の上を歩いたりした。石を積み上げた塔に石をぶつけ、命中させる遊びもした。

 目隠しをしたまま、ひもを結んで、ほどいてを繰り返したり、いろいろなものに触れて何なのかを言い当てたり。麻を植え、その成長に合わせてより高く跳ぶ。茶畑の畝を跳び越えたり、竹を使って棒高跳びのように高く跳んだりもした。

 初めて訪れる場所には、必ず約束の1時間前に到着し、その周辺を歩いて道の様子や建物などを頭に入れる。他人の家に行ったら、まずトイレを借り、家の間取りを観察する。今思えば、すべて情報収集のトレーニングだったという。

 忍者遊びを体で覚えている市橋君は、アフリカの子どもたちに、どのように忍者文化を伝え、生きる力を身につけさせていくのだろうか。楽しみである。

久松眞・特任教授
久松眞・特任教授

 久松眞・名誉教授

 食品科学。同志社大卒、三重大院修了。機能性食品の開発などを手掛ける。

無断転載・複製を禁じます
29657 0 三重大発!忍び学でござる 2019/01/16 05:00:00 2019/01/21 13:33:54 筆者の高校の同級生で、宣教師の市橋さん。アフリカの子どもたちに「忍者遊び」を教えたいという(●月、津市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190116-OYTAI50001-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)