<172>敏捷な忍者像誇大表現

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「龍神流忍術 體術之巻」=筆者提供
「龍神流忍術 體術之巻」=筆者提供

 ショーや映像に登場する忍者は、バク転で敵の攻撃をかわし、助走なしで跳び上がり、家の屋根から飛び降りる。「人並み外れた身体能力を修行で獲得した」と信じる人々が多いが、実際はどうだったのか。

 かつて「最後の忍者・甲賀流14世」を称し、スパイ養成機関として知られた陸軍中野学校の草創期に忍術を指導した藤田西湖氏(1899~1966年)は、自著で「忍者は普通五十尺(約15メートル)の高さより跳んでも平気であり、高跳びは九尺(2・7メートル)が標準」と記している。誇大表現であろう。

残り:999文字/全文:1351文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2166820 0 三重大発!忍び学でござる 2021/06/30 05:00:00 2021/06/30 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210630-OYTAI50011-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)