<174>忍者名別人格の自分に

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

→→174
→→174

 現代では、俗に「忍者名」と呼ばれる概念が存在する。主にショーや体験サービスなどで忍者として客と接する人が芸名として使う例や、忍者愛好家たちが仲間と交流する際の愛称として使用する例が多い。彼らは本名とは別に「半蔵」「佐助」などの名を持ち、忍者の仲間とは日常でもその名前で呼び合う。

 今回、この現代の忍者界特有の事象について、忍者名を持って活動する人々200人の忍者名をサンプルとして、忍者名の命名傾向を分析した。現代において人々がどのような名前を「忍者っぽい名前」と考えているのかを探っていきたい。

残り:1548文字/全文:1898文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2209047 0 三重大発!忍び学でござる 2021/07/14 05:00:00 2021/07/14 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210715-OYTAI50001-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)