<177>名誉と実利海外で関心

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ゲームブック『忍者への道』(富士見文庫)=筆者提供
ゲームブック『忍者への道』(富士見文庫)=筆者提供
『忍者への道』米国版の表紙=筆者提供
『忍者への道』米国版の表紙=筆者提供

 アメリカ人の忍者観が、TRPG(テーブル・トーク・ロールプレイング・ゲーム)から顕著にうかがえることを、前回述べた。今回は、TRPGのアドバンスド・ダンジョンズ・アンド・ドラゴンズのアドベンチャー・ゲームブック、カーティス・スミス作・大出健訳『忍者への道』(富士見文庫、1986年。原著は1985年)から具体的に見てみよう。

残り:839文字/全文:1234文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2276496 0 三重大発!忍び学でござる 2021/08/11 05:00:00 2021/08/11 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210811-OYTAI50006-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)