べにや珈琲店(桑名市星見ヶ丘9丁目) 寿司ランチ (税込1270円)

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

べにや珈琲店の「寿司ランチ」
べにや珈琲店の「寿司ランチ」

<コーヒー店で味わう和食>

 コーヒー専門店で「寿司ランチ」が食べられるのはちょっと意外。ちらし寿司にだしのきいた吸い物、カボチャの煮付け、だし巻き卵にポテトサラダ、デザート、コーヒーまでがセットだ。お得感満載のランチは、コーヒー専門店のこだわりから生まれた。

 コーヒー豆の焙煎ばいせんを手がける店主の佐久間幸人さん(55)が、競輪選手として活躍していた2001年2月に開店。調理師で栄養士だった妻のさな江さん(55)が、主に店を切り盛りしてきた。17年1月、幸人さんが53歳で引退したのを機に、エスプレッソコーヒー専門の2号店を市内にオープン。1号店に喫茶店としての幅を持たせるため、以前から要望のあったご飯ものをメニューに追加した。「コーヒーの香りを邪魔しないものに」(さな江さん)との思いから寿司を選んだという。

 米は、さな江さんの実家、長崎県松浦市の棚田で採れたヒノヒカリを取り寄せる。兼業農家を営む姉夫婦が、松浦市のわき水だけで育てた米だ。「もち米のような食感。冷めてもおいしい」と幸人さん。

 「姉夫婦が作ってくれるからこそ」と、米作りを応援し「松浦棚田米」として店舗で販売もする。ちらし寿司は、日によって押し寿司やふくさ寿司に変わるのも楽しみだ。(竹本吉弘)

 【メモ】営業は午前9時~午後6時(ランチタイムは午前11時半~午後2時)。2号店「BENIYA FACTORY」の営業時間は、午後5時~午前0時。2号店では今後、松浦棚田米のおにぎりを提供する予定だ。月、火曜定休。(電)0594・32・1146。

無断転載禁止
301679 0 まちグルメ 2019/01/25 05:00:00 2019/01/28 13:25:49 べにや珈琲店の「寿司ランチ」(桑名市星見ヶ丘9丁目808で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190125-OYTAI50001-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ