文字サイズ

    観賞用トウガラシ、出荷最盛期…紀北

    • 出荷が最盛期を迎えている観賞用トウガラシ(紀北町で)
      出荷が最盛期を迎えている観賞用トウガラシ(紀北町で)

     紀北町の園芸農家「かきうち園芸」で、観賞用トウガラシの出荷が最盛期を迎えている。

     白や紫、オレンジ色などがあり、最終的に赤く色づく。実や葉の形も様々で、花の少ない夏の庭を鮮やかに彩るため、寄せ植えなどに人気。同農家では6品種約1万6000株を栽培し、関東や関西地方に出荷する。

     11月頃まで見頃。同農家は「暑さに強いので、気軽に楽しんでほしい」としている。1株300円(税込み)で直売もしている。

    2018年08月10日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て