女子サッカー「連覇を」 全日本O―30

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

名張の3人誓う

大会2連覇を誓う(左から)那須さん、山口さん、中嶋さん(名張市役所で)
大会2連覇を誓う(左から)那須さん、山口さん、中嶋さん(名張市役所で)

 全国から30歳以上の選手が集い、16日に静岡県で開幕する「第30回全日本O―30女子サッカー大会」(日本サッカー協会主催、読売新聞社後援)に、県チーム「レガーメ」が東海代表で出場する。メンバーで名張市在住の3人が13日、市役所で亀井利克市長に、「連覇を目指す」と誓った。

 3人は主将のDF山口絢子さん(32)と、MF那須麻衣子さん(34)、FW中嶋喜美さん(34)で、いずれも女子サッカー「伊賀FCくノ一」のOG。「レガーメ」はイタリア語で絆の意味で、チームは2017年秋に発足した。昨春の大会で初優勝し、1月の東海予選で第1代表に選ばれた。3人は昨年の大会に続くメンバー入り。

 大会には、全国各ブロックの代表16チームが出場。今年のレガーメは45~31歳の県内在住者中心の16人で、早いパス交換でチャンスをつくるコンビネーションプレーが持ち味という。

 山口さんは「若いキャプテンとしてプレーで引っ張る」と意気込み、昨年の国体チームで優勝したメンバーだった那須さんは「勝つ喜びを再び味わいたい」、中嶋さんは「楽しむことを忘れず、良いところを見せられるように頑張りたい」と語った。

489692 0 ニュース 2019/03/15 05:00:00 2019/03/15 05:00:00 2019/03/15 05:00:00 2連覇を誓う(左から)那須さん、山口さん、中嶋さん(名張市役所で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/03/20190314-OYTNI50040-T.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ