読売新聞オンライン

メニュー

光の道昼も鮮やか なばなの里/

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

見頃となったアジサイとハナショウブ(桑名市で)
見頃となったアジサイとハナショウブ(桑名市で)

 桑名市長島町駒江の観光施設「なばなの里」で、アジサイとハナショウブが見頃を迎えている。

 同施設の夜を彩るイルミネーションの一つ「光のトンネル」(長さ200メートル)内に、アジサイとハナショウブが計300鉢ずらりと置かれている。「あじさい・花しょうぶロード」と名付けられ、展示される品種や花は、開花状況によって随時入れ替えられ、色とりどりの花がいつも並ぶように手入れされている。トンネル内は日中、やや日陰になる。来場者は暑さを忘れて、花にカメラを向けていた。

 夕方から夜はイルミネーションが点灯し、幻想的な雰囲気になる。今月いっぱい楽しめるという。問い合わせは、なばなの里(0594・41・0787)。

無断転載・複製を禁じます
2151032 0 ニュース 2021/06/24 05:00:00 2021/06/24 05:00:00 2021/06/24 05:00:00 見頃となったショウブとアジサイの花(桑名市の「なばなの里」で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210623-OYTNI50042-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)