読売新聞オンライン

メニュー

島サミット記念ポストカード展

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

志摩で1200枚 「終息したらぜひ来て」

展示されたポストカード(志摩市で))
展示されたポストカード(志摩市で))

 新型コロナウイルス対策で、テレビ会議方式となった「第9回太平洋・島サミット」が2日開かれたのに伴い、開催予定地だった志摩市では、児童生徒らが海洋環境の保護や国際親善を呼びかけたポストカード(はがき)や、参加した国と地域を紹介するパネルが展示されている。

 ポストカードは、志摩高校美術部の3年女子(17)と2年女子(16)がデザインした。市が2枚1組で4000組制作し、横断幕などで歓迎する予定だった市内16の小中高校などに配った。

 小学6年生と中学3年生、高校生の代表と、海女らがメッセージを書いた約1200枚を、市立図書館で展示。「今回はオンラインとなってしまいましたが、感染が終息したら、志摩市にぜひ来てください」「良いリモートでの会議になることを願っています」などの言葉が貼り出されている。

 ウミガメの甲羅を地球に見立てて環境を守る大切さを訴えた3年女子は「デザインに悩んだが、多くのメッセージが寄せられて良かった」と振り返り、コマ割りで太平洋 島嶼とうしょ 国や、志摩市の風景などを表現した2年女子は「家族にも見てもらえてうれしかった」と話した。

 ポストカードは8月29日まで(火曜と最終木曜を除く)、図書館2階ロビーで展示されている。市ホームページやSNSで紹介するほか、大使館や参加国からの留学生にも伝えるという。

 また、市役所ロビーでは9日まで、島嶼国の美しい風景や日本とのつながりをパネルで紹介。ロゴマークなどが入った特製シールを来庁者にプレゼントしている。

県がPR動画

 太平洋・島サミットでは、県のPR動画が流された。ICT(情報通信技術)を活用した「空飛ぶクルマ」や、海女文化など伊勢志摩地域の魅力を紹介する内容で、19か国・地域の首脳が視聴した。

無断転載・複製を禁じます
2175306 0 ニュース 2021/07/03 05:00:00 2021/07/03 05:00:00 2021/07/03 05:00:00 展示されたポストカード(6月25日午後4時40分、志摩市で)=黒岩宏行撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210702-OYTNI50053-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)