読売新聞オンライン

メニュー

病床使用率「注意レベル」 県独自指標 新たに27人感染 新型コロナ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 県は22日、新型コロナウイルスに27人が感染したと発表した。病床使用率は22・9%で、県独自のモニタリング指標で「注意レベル」(20%)になった。20%以上は6月15日以来、37日ぶり。

 県によると、11人が家族・親族間で感染していた。また、全員が50歳代以下で、30歳代以下が半数以上の15人を占めた。

 居住地は四日市市10人、鈴鹿市6人、桑名、津市が各3人、菰野町2人、伊賀、松阪市、東員町が各1人。

 桑名市に住む小学生の男児の感染が分かり、通学する市内の小学校の児童や教職員計33人を検査する。

無断転載・複製を禁じます
2227763 0 ニュース 2021/07/23 05:00:00 2021/07/23 05:00:00 2021/07/23 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)