読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

コロナ感染276人 連日最多

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

自宅療養の支援強化へ

 県は18日、新型コロナウイルスに276人が感染し、2日連続で過去最多を更新したと発表した。病床使用率は53・4%で、うち重症者用は26%。入院調整中や自宅療養の患者数も過去最多の1168人に上った。県は、自宅療養者への支援体制を強化する。

 276人の内訳は、鈴鹿市65人、四日市市36人、桑名市31人、津市30人、松阪市15人、伊賀市14人、亀山市、菰野町が各12人、いなべ市10人、伊勢市9人、名張市、川越町が各8人、朝日、明和町が各5人、鳥羽、志摩市が各4人、東員町3人、玉城、南伊勢町が各2人、紀北町1人。

 県内の療術施設では、利用客や従業員計5人の感染が判明。感染者は計16人となり、県内99例目のクラスター(感染集団)に認定された。

 感染力が強い変異ウイルスについて県が検査したところ、6~18日に発表された感染者438人のうち、約89・5%にあたる392人が、変異ウイルスに感染したことが確認された。

 県は18日、東京パラリンピックの事前合宿で鈴鹿市に滞在している英国競泳選手団スタッフの60歳代男性が感染したと発表した。選手団の感染者は2人目。

 県によると、男性は、既に感染が確認された別の男性スタッフの濃厚接触者として宿舎個室に隔離され、18日に感染が確定した。

 また、10月に鈴鹿市の鈴鹿サーキットで開かれるはずだったF1日本グランプリが中止に追い込まれた。末松則子市長は「苦渋の決断と思う。ホンダがF1に参戦する最後の年でもあり、残念」とコメントした。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2296115 0 ニュース 2021/08/19 05:00:00 2021/08/19 05:00:00 2021/08/19 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)