読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

台風接近 激しい雨警戒

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

知事「命守る行動最優先」

台風14号の接近に備え、県民に警戒を呼びかける一見知事(県庁で)
台風14号の接近に備え、県民に警戒を呼びかける一見知事(県庁で)

 台風14号の接近に備え、県は17日、緊急部長会議を開いた。一見勝之知事は、避難所での新型コロナウイルス感染防止の徹底や、的確な情報共有・発信を指示した。

 津地方気象台によると、台風は、勢力を維持したまま、18日午前9時から午後3時頃にかけて県内に接近する見込み。接近前から暖かく湿った空気が流れ込み、局地的に激しい雨が降る可能性がある。

 18日正午までの24時間の予想降水量は、北中部で200ミリ、南部で250ミリ。最大瞬間風速は、県内全域で陸上25メートル、海上30メートルと予想されている。同気象台は竜巻などの激しい突風、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に警戒するよう呼びかけている。

 一見知事は会議の後、県民への呼びかけを行った。感染を恐れて避難所を利用しない県民がいることを想定し、自宅の2階以上に避難するなど「臨機応変な対応が必要だ」と強調。「田畑や川を見に行くなどの危険な行動を取らず、早めの避難や準備を心がけ、命を守る行動を最優先してほしい」と呼びかけた。

 県は、SNSや防災ホームページ「 防災みえ.jp 」で、気象や避難所の情報などを発信している。

尾鷲港 漁業者対応追われる

念入りに漁船を係留する漁業者(17日午前8時25分、尾鷲市で)=根岸詠子撮影
念入りに漁船を係留する漁業者(17日午前8時25分、尾鷲市で)=根岸詠子撮影

 尾鷲市の尾鷲港では、漁業者が漁船を避難させるなど、台風14号への対応に追われた。

 17日早朝、水揚げを終えた漁業者たちは、漁船を防波堤の内側に移動。いつもよりロープの数を増やして係留したり、船上の漁具が風に飛ばされないよう片付けたりした。

 定置網漁船の乗組員男性(21)は「出来る対策はした。あとは、海中に設置している定置網が、波のうねりで破損しないかが心配」と話していた。

鳥羽市接種中止 鳥羽市は、18日に市民体育館サブアリーナで予定していた新型コロナウイルスワクチンの接種を中止し、25日に振り替えた。対象者502人には電話やメールで中止を連絡し、18日は職員が会場に待機して来場者に伝える。対象者は予約を取り直す必要があるという。

 JR東海は、18日午前8時5分名古屋発紀伊勝浦行き特急「ワイドビュー南紀」や、同6時20分新宮発名古屋行き同特急など、上下4本の全区間運休を決めた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2375931 0 ニュース 2021/09/18 05:00:00 2021/09/18 05:00:00 2021/09/18 05:00:00 台風14号の接近に備え、県民に警戒を呼びかける一見知事(県庁で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210917-OYTNI50032-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)