読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

上野公園散策しやすく 園路整備完了 高齢者や車椅子

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

滑りにくく舗装された上野公園の園路(いずれも伊賀市で)
滑りにくく舗装された上野公園の園路(いずれも伊賀市で)

 伊賀市が進めていた上野公園(上野丸之内)を巡る園路の整備工事が完成した。園内には市中心部のシンボルである伊賀上野城があり、観光客や市民の憩いの場になっているが、園路の大半が未舗装だった。今回、観光案内所からレストハウスなどに続く道をはじめ4ルートで総延長約400メートルを整備。滑りにくく、歩きやすい道になった。10日に完成記念式典が行われ、関係者約30人が多くの人が訪れるよう願った。(尾崎晃之)

工事の完成を祝い、テープカットする岡本市長(中央)ら
工事の完成を祝い、テープカットする岡本市長(中央)ら

 上野公園は広さ約12・6ヘクタールで、園内には伊賀上野城のほかにも、芭蕉翁記念館や伊賀流忍者博物館があり、市内外から多くの人が訪れている。

 一方で、園路は昔ながらの砂利道や未舗装路が多く、高齢者や足の不自由な人は足を取られやすく、車椅子やベビーカーが通行しづらいと指摘されていた。市に改善を求める要望が寄せられていたが、公園は「上野城跡」として国史跡に指定されているため、国との協議や文化財の試掘調査などで対応が遅くなり、今年7月にようやく着工し、10月22日に完了した。

 道幅は車椅子が楽にすれ違いができるよう約1・8メートル(最大約3・1メートル)を基本にしており、路面は滑りにくい工法を採用。メインルートとなる観光案内所付近からレストハウスなどに続く道(約220メートル)は茶色のコンクリートで舗装した。県立上野高の北東側から城に向かう約120メートルは平らな御影石(縦約30センチ、横約60センチ)を敷き詰めた。総事業費は約6800万円。

 式典では、岡本栄市長が「環境にマッチした形で整備できた。これを契機に、いろんな方に訪れてもらい、歴史などを楽しんでほしい」とあいさつ。テープカットや記念撮影で完成を祝った。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2510762 0 ニュース 2021/11/11 05:00:00 2021/11/11 05:00:00 2021/11/11 05:00:00 整備工事が完成した上野公園の通路(伊賀市上野丸之内で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211110-OYTNI50033-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)