新プラネタリウム1億の☆ 松阪

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

1億個以上の星が映し出されるプラネタリウム(みえこどもの城提供)
1億個以上の星が映し出されるプラネタリウム(みえこどもの城提供)

 松阪市立野町、県立みえこどもの城のドームシアタープラネタリウムが新調された。4Kの解像度を持つ最新の投映機を導入し、本物のような輝きを放つ星空を、直径22メートルのドーム内で楽しめる。表示する星の数は1万5000個から1億個以上に増えた。

 プラネタリウムは1989年に開設され、改装は初めて。障害の有無にかかわらず使いやすい「ユニバーサルデザイン」を採用し、車椅子の階段昇降機や授乳室を設けた。新型コロナの感染防止策として、座席は60席減らして160席としたが、ベビーカー置き場や、親子で楽しめるベンチ型シートも導入した。

 約半年ぶりの再オープンとなった23日は、高精度で臨場感あふれる星空を見ようと、早速多くの家族連れらが訪れた。松阪市の南部椋太ちゃん(2)は「ブラックホールは怖かったけど、お星さまがキラキラしてた」と楽しそう。母侑加里さん(30)は「設備が整っていると安心して子どもを連れてこられます」と話していた。

 みえこどもの城は午前9時半~午後5時に開館し、月曜休館。プラネタリウムは土日と祝日、日に6回上映する。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2948328 0 ニュース 2022/04/25 05:00:00 2022/04/25 05:00:00 2022/04/25 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220424-OYTNI50023-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)