アマ竜王戦 西村さん県大会V

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

2大会ぶり2度目 来月全国へ

優勝し、決勝を振り返る西村さん(津市で)
優勝し、決勝を振り返る西村さん(津市で)

 第35回アマチュア竜王戦(日本将棋連盟、読売新聞社主催)の県大会が15日、津市で開かれ、伊勢市の西村 文登ふみと さん(35)が決勝で鈴鹿市の磯部啓さん(36)を破り、2大会ぶり2度目の優勝を果たした。西村さんは学生時代に和歌山県大会でも優勝しており、6月、自身3度目の全国大会に臨む。

 2020、21年はコロナ禍で中止され、3年ぶりとなった県大会には、中学生から80歳代まで32人が出場した。

 決勝は互いに時間を残そうと早指しの展開に。「銀冠穴熊」で守りを固めた西村さんが、終盤に勝ち筋を見極め、「リスクはあるが攻め込めば勝てる」と大胆に仕掛け、勝負を決めた。

 西村さんは「この2年はコロナ禍であまり人と指せず、人工知能(AI)を使って戦法を分析するなどして腕を磨いてきた。きょうは丁寧に指せた」と振り返った。6月18、19日に東京都で行われる全国大会に向け、「前回(2018年)は予選敗退。猛特訓してリベンジしたい」と意気込んだ。

 読売新聞社将棋県大会も行われ、A級(有段者)、B級(級位者)、C級(小学生)に計42人が出場した。主な成績は次の通り(敬称略)。

 ◇アマ竜王戦 〈3〉河村謙吾(伊勢市)、本田竜大(津市)

 ◇読売盾争奪戦 ▽A級〈1〉山田行人(伊勢市)〈2〉宮間遥都(同)〈3〉安田達登(桑名市)▽B級〈1〉田中真一(愛知県知立市)〈2〉伊藤侑輝(同県豊田市)〈3〉高岡晴彦(四日市市)▽C級〈1〉西川咲杜(津市)〈2〉沖上修司(四日市市)〈3〉吉田夏帆(松阪市)

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3001710 0 ニュース 2022/05/16 05:00:00 2022/05/16 05:00:00 2022/05/16 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220515-OYTNI50024-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)