与野党大物駆けつけ舌戦 自民・安倍元首相 立民・泉代表

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 10日の参院選投開票に向けて、選挙戦は後半戦に入った。新人4人が争う三重選挙区(改選定数1)では、勇退する立憲民主現職の芝博一氏(72)の議席を巡って、与党候補と野党系候補の双方に元首相らや党代表らが応援に駆けつけ、激しい舌戦を繰り広げている。

地域密着労組切り崩す 国民支持3割「山本氏」
(左)山本候補(左)の応援演説をする安倍元首相(四日市市で)(右)決起集会に参加した(右から)芳野候補、榛葉氏、泉氏、芳野氏(伊勢市で)
(左)山本候補(左)の応援演説をする安倍元首相(四日市市で)(右)決起集会に参加した(右から)芳野候補、榛葉氏、泉氏、芳野氏(伊勢市で)

 自民の山本佐知子候補(54)(公明推薦)の陣営では1日、安倍晋三元首相が四日市、伊勢市などを訪れた。四日市市内の商店街で山本氏と練り歩いて、買い物客らと記念撮影。その後、市中心部の諏訪公園でマイクを握り、「明治日本の産業参院選・三重革命遺産」の世界遺産登録に尽力した山本候補の実績を強調した。

 6年前の参院選で惜敗後、山本候補が県議として活躍した点に触れ、「再び立ち上がる者こそ、真の勇者です。山本さんの思いに皆さんも応えましょう」と力を込めた。この日は麻生太郎元首相も桑名市を訪れた。

(左)山本候補(左)の応援演説をする安倍元首相(四日市市で)(右)決起集会に参加した(右から)芳野候補、榛葉氏、泉氏、芳野氏(伊勢市で)
(左)山本候補(左)の応援演説をする安倍元首相(四日市市で)(右)決起集会に参加した(右から)芳野候補、榛葉氏、泉氏、芳野氏(伊勢市で)

 一方の野党側。無所属の芳野正英候補(47)(立民・国民民主推薦、社民支持)の元には6月29日、立民の泉代表、国民の榛葉賀津也幹事長、両党を支援する連合の芳野友子会長が伊勢市内で顔をそろえた。

 宇治山田駅前の集会で、泉氏は「私以上の政策力を持つ人物。早く国会で活躍させたい」とエールを送った。榛葉氏は「三重の野党の1議席を死守しなければ」と述べ、芳野氏も「与党に野党がしっかりものを言うためにも、立民・国民に頑張っていただき、芳野さんを国会に送り込まなければ」と声を張り上げた。

 三重選挙区にはこのほか、NHK党の門田節代候補(54)、政治団体「参政党」の堀江珠恵候補(47)が立候補している。

【リアルタイム更新中】参院選 開票速報
参院選 三重選挙速報・開票結果【随時更新】
スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3132188 0 ニュース 2022/07/02 05:00:00 2022/07/02 05:00:00 2022/07/02 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220701-OYTNI50063-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)