サンマうま味じわり女川で天日干し

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

天日干しされるサンマ(5日、女川町針浜で)
天日干しされるサンマ(5日、女川町針浜で)

 全国有数のサンマの水揚げ地・女川町で、冬の風物詩でもあるサンマの天日干しが行われている。浜には串に刺されたサンマがカーテンのように並んでいる。

 同町針浜の水産加工会社「ヤマホンベイフーズ」では、天気が良い日は毎日午前7時頃から作業を始め、サンマを15匹ずつ串に刺して棚に掛ける。特製の塩だれに漬け込んでから天日干しし寒風にさらすことで、余計な水分や生臭さが抜けてうま味が増すという。

 今年は前年比10トン増の約30トンの出荷を見込んでいるといい、作業は3月末まで行われる予定。全国のスーパーや百貨店などで販売される。

 同社の山本丈晴社長は「昔ながらの製法で作ったサンマの天日干しを、全国の人に知ってもらいたい」と話している。

無断転載禁止
435315 0 ニュース 2019/02/08 05:00:00 2019/02/08 05:00:00 2019/02/08 05:00:00 寒風にさらされ天日干しされるサンマ(5日、女川町針浜で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20190207-OYTNI50077-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ