令和初の正月開運願う 塩釜に巨大絵馬

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

本塩釜駅に設置された巨大絵馬(2日、塩釜市で)
本塩釜駅に設置された巨大絵馬(2日、塩釜市で)

 来年の干支えとにちなんだねずみの絵が描かれた巨大絵馬が、JR塩釜駅と本塩釜駅=写真=に登場した。

 近くの塩釜神社の恒例行事。縦2.5メートル、横3.8メートル、重さ300キロ・グラムの巨大絵馬が、大人8人がかりで取り付けられた。今年は国の天然記念物「塩釜桜」の下で、小判を真ん中にして寄り添うねずみの親子が描かれている。

 同神社の禰宜ねぎ(57)は「ねずみは子宝と財をもたらすと言われている。令和初の正月を豊かでめでたく迎えてほしい」と話した。

無断転載禁止
931756 0 ニュース 2019/12/04 05:00:00 2019/12/04 05:00:00 2019/12/04 05:00:00 大絵馬が本塩釜駅に設置された(2日、塩釜市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/12/20191203-OYTNI50025-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ