台風越え丸森泳ぐ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

向原地区に掲げられたこいのぼり(3日、丸森町で)
向原地区に掲げられたこいのぼり(3日、丸森町で)

 5日はこどもの日。昨年10月の台風19号の爪痕が残る丸森町でこいのぼりが気持ちよさそうに泳ぎ、住民の心を和ませている。

 こいのぼりは、昨年11月から同町でボランティアを続けている町任期付き職員松田正徳さん(60)が、土砂や流木の残る五福谷川流域の向原地区に被災者から寄付されたものを掲げた。松田さんは「元気に泳ぐ姿を見て、(住民の人たちに)前を向いて生きてほしい」と笑顔で話した。

 近所の主婦(47)は「見渡す限りがれきの山だから、泳いでいる姿を見ると癒やされる」と目を細めた。

無断転載禁止
1203070 0 ニュース 2020/05/05 05:00:00 2020/05/05 05:00:00 2020/05/05 05:00:00 台風の爪痕が残る向原地区の空を泳ぐこいのぼり(3日、丸森町で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200504-OYTNI50016-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
10000円9000円
NEW
参考画像
クーポンご提示のお客様に粗品プレゼント
NEW
参考画像
4200円3780円
NEW
参考画像
1560円1300円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ