蔵王エコーラインやっと開通

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

雪壁の間を縫って進む車(11日、蔵王町の蔵王エコーラインで)
雪壁の間を縫って進む車(11日、蔵王町の蔵王エコーラインで)

 宮城、山形両県を結ぶ観光道路「蔵王エコーライン」(蔵王町―山形県上山市、全長約26キロ)が11日、冬季閉鎖を終えて開通した。

 4月27日に開通する予定だったが、山形県側の安全確認が遅れた。開通が大型連休より遅くなるのは、蔵王山で「火口周辺警報」が発令された2015年以来2度目。新型コロナウイルスの影響で、開通セレモニーは中止となった。

 例年の開通時には、最高約9メートルの雪の壁が残るが、今年は約4メートルほどだという。

 山形県上山市の男性(62)は保育園児の孫たちを連れ、「保育園に通えず、ずっと家にいるのも子どもたちがかわいそうなので連れてきた」と話した。福島県伊達市から訪れた男性会社員(57)は「例年より雪の壁が低いけど、きれいでいい。連休中はどこも行けなかったので、開通してうれしい」と喜んだ。

無断転載禁止
1214218 0 ニュース 2020/05/12 05:00:00 2020/05/12 05:00:00 2020/05/12 05:00:00 雪壁の間を縫って進む車(5月11日午前11時33分、蔵王町の蔵王エコーラインで) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200511-OYTNI50020-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
10000円9000円
NEW
参考画像
クーポンご提示のお客様に粗品プレゼント
NEW
参考画像
4200円3780円
NEW
参考画像
1560円1300円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ