手作り雑貨展示販売 きょうまで大崎、作品550点

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

会場に陳列された雑貨の品定めをする来場者(27日、大崎市で)
会場に陳列された雑貨の品定めをする来場者(27日、大崎市で)

 新型コロナウイルスでイベントの中止が相次ぐ中、作品発表の場を設けようと、大崎市や気仙沼市の手芸作家ら8人による手作り雑貨などの展示販売会が27日、大崎市古川穂波の「ギャラリー&カフェ びいひろ」で始まった。28日まで。

 会場には、藍染めのワンピースや米袋を活用したバッグ、繊細なデザインのイヤリングなど、趣向を凝らした作品計約550点が並ぶ。

 大崎市の主婦(67)は「作家さんのこだわりが伝わってくる」と見入っていた。びいひろオーナーの千葉裕子さん(63)は「コロナに負けず、制作した作品を楽しんでほしい」と呼びかけている。

 28日も午前10時から午後3時まで。問い合わせは、びいひろ(090・2971・9888)へ。

無断転載禁止
1305373 0 ニュース 2020/06/28 05:00:00 2020/06/28 05:00:00 2020/06/28 05:00:00 会場に陳列された雑貨を眺める来場者(27日、大崎市古川穂波で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200627-OYTNI50016-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

東京都知事選2020特集ページ
一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ