誕生オウサマペンギン

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

親鳥の足の間に潜り込むオウサマペンギンのひな
親鳥の足の間に潜り込むオウサマペンギンのひな

 仙台うみの杜水族館(仙台市宮城野区)でオウサマペンギンのひなが誕生した。親鳥の足の間に潜り込む愛らしいしぐさが人気を集めている。

 6月26日に産まれた卵を親鳥が温め、8月19日にひながかえった。同館でオウサマペンギンのひなが誕生するのは2年ぶり3例目。誕生時の体重は175グラムだったが、3日の計測時は630グラムまで成長した。

 多賀城市から訪れた主婦(31)は「なかなか赤ちゃんにお目にかかる機会がないのでうれしい」と話し、長女(2)が「かわいい」とひなに手を振っていた。

 ひなは間もなく綿羽に包まれ、キウイフルーツのような姿になるという。

無断転載・複製を禁じます
1455702 0 ニュース 2020/09/05 05:00:00 2020/09/05 05:00:00 2020/09/05 05:00:00 生まれたオオサマペンギンのひな(9月3日、仙台市宮城野区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200904-OYTNI50037-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
2000円1900円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ