南三陸の海鮮とワインを楽しむ 仙台でバル、25日から

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 南三陸町でとれた海の幸や町内産のワインが楽しめる「南三陸オープンテラス・さんさんバル」が、仙台市青葉区のJR仙台駅西口「GSビル」跡地で25日から開かれる。

 新型コロナウイルスの影響で落ち込む町の特産品の消費拡大につなげようと、町と町観光協会が初めて企画した。会場ではアワビを丸ごと1個使ったソテーなど本格的なイタリア料理(要予約)を堪能できる。

 立食式のオープンテラスでは、特産のタコを使った魚介料理や、7日にオープンした「南三陸ワイナリー」のワインも楽しめる。

 11月7日まで。問い合わせは町商工観光課(0226・46・1385)へ。

無断転載・複製を禁じます
1564150 0 ニュース 2020/10/21 05:00:00 2020/10/21 05:00:00 2020/10/21 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ