猛烈な速さで雪かき選手権 七ヶ宿

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

雪かきに励む菅井さん(中央)ら出場者たち(23日、七ヶ宿町で)
雪かきに励む菅井さん(中央)ら出場者たち(23日、七ヶ宿町で)

 雪かき作業の速さを競う「雪かき選手権」が23日、七ヶ宿町で開催された。

 町などが出資する第3セクター「七ヶ宿まちづくり株式会社」が地域おこしとして企画し、5回目。3人構成の9チームが、高さ1メートルほど積もった雪を奥行き1メートル、幅10メートルにわたって雪かきした。出場者たちは「頑張れ」と声を掛け合い、スコップで作業した。サッカーJ2・ベガルタ仙台OBの菅井直樹さんも参加し、一緒に汗を流した。

 優勝チームには、蔵王連峰の清水で育った「七ヶ宿源流米」30キロが贈られた。優勝した角田市の消防隊員(37)は、「普段から雪かきをしているが、高さがあり大変だった」と笑顔で話した。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2697730 0 ニュース 2022/01/24 05:00:00 2022/01/27 23:58:02 2022/01/27 23:58:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220123-OYTNI50031-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)