蔵王山火山活動常時監視 国交省 「御釜」付近にカメラ新設

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

御釜付近に設置された監視カメラ(新庄河川事務所提供)
御釜付近に設置された監視カメラ(新庄河川事務所提供)
監視カメラの画像
監視カメラの画像

 国土交通省東北地方整備局は、宮城・山形県境にある蔵王山の火口湖「 御釜おかま 」付近に監視カメラを設置し、運用を始めた。麓から高圧配電線を伸ばして電源を確保し、火山活動の常時監視体制を整えた。

 蔵王山には、気象庁が設置する2台の監視カメラがあるが、動力を太陽光発電やバッテリーに頼っているため、冬季は稼働できなかった。

 蔵王山では2018年1月に火山性微動が観測され、噴火警戒レベルが「2(火口周辺規制)」に引き上げられた。周辺自治体に避難勧告も一時出された。御釜の常時監視の必要性が高まり、監視カメラが設置されることになった。

 同局新庄河川事務所が20年度に着工。カメラ用の電源を確保する受変電設備や麓から山頂に続く7・7キロ・メートルの高圧配電線、通信ケーブルを約7億円かけ整備した。21年11月からの試験運用を経て、9日から運用が始まった。カメラの映像は、宮城、山形両県と周辺6市町、仙台管区気象台などの関係機関と共有する。

 9日には蔵王町役場で運用開始式が行われ、関係自治体や地元の観光関係者ら約30人が出席した。国交省の三上幸三砂防部長は「冬季を含め迅速かつ的確な対応が可能となった」と述べた。村上英人町長は「観光客や地元住民の安全を守ることができる」と話した。

 同事務所ホームページ(https://www.thr.mlit.go.jp/shinjyou/)で10分ごとの静止画像を確認出来る。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2997635 0 ニュース 2022/05/14 05:00:00 2022/05/13 21:12:33 2022/05/13 21:12:33 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220513-OYTNI50037-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)