仙台 政宗騎馬像都内で修復 今月下旬から 緑化フェア前に完了へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

地震で傾いた仙台城跡の伊達政宗騎馬像(3月17日)
地震で傾いた仙台城跡の伊達政宗騎馬像(3月17日)
亀裂が入った政宗が乗る馬の左前脚と右後ろ脚
亀裂が入った政宗が乗る馬の左前脚と右後ろ脚

 仙台市は18日、3月の福島県沖地震で傾くなどした仙台城跡の伊達政宗騎馬像について、今月下旬から修復作業を始めると発表した。

 1964年(昭和39年)に建てられた騎馬像は、重さ4・9トン、台座からの高さは4・2メートル。地震で政宗が乗る馬の左前脚と右後ろ脚の足首部分に亀裂が入って傾くなどの被害が確認された。現在は仮設シートで覆われている。

 騎馬像と台座を切り離し、銅像の修復を専門とする東京の業者に搬入。脚の中にたまった砂を取り除いたうえで、固定用の棒を古いものから新しいものに交換し、台座とつなぎ合わせる。騎馬像の くら の部分などに見つかった亀裂も補修する。

 作業は来年3月末までで修復費は5000万円を見込む。業者は、昨年2月の地震で かぶと の前立て部分が折れた仙台市博物館の中庭にある伊達政宗の胸像の修復にあたった実績を持つ。

 来年4月には仙台城跡周辺で国内最大級の花と緑の祭典「全国都市緑化フェア」の開催も予定されている。市公園課の鈴木江美子課長は「慎重に修復すれば2年ほどかかるが、何とか緑化フェアに間に合わせたい。騎馬像は仙台のシンボルでもあり、早く元気な姿をお披露目したい」と話した。

 仮設シートに設置されているほぼ実物大の騎馬像の写真は、修復完了まで掲げられる。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3010657 0 ニュース 2022/05/19 05:00:00 2022/05/21 21:45:23 2022/05/21 21:45:23 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220518-OYTNI50023-T-e1653137118775.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)