水素利活用推進 産官学が協議会 設立総会

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 太陽光で得た電力で作った水素の利活用を進める「みやざき水素スマートコミュニティ推進協議会」が設立された。産官学が協力し、再生可能エネルギーを最大限利用する社会づくりを目指す。

 県は、水素の製造や供給などを通じた地域活性化、水素を使う燃料電池自動車の普及による二酸化炭素排出量の削減などを将来像に掲げている。協議会は県の構想の実現に向けて、水素を製造する技術の実用化に向けた研究や、燃料電池自動車の普及などを進める。

無断転載禁止
452200 0 ニュース 2019/02/20 05:00:00 2019/02/20 05:00:00 2019/02/20 05:00:00

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ