黒皮かぼちゃ 空港でPR 宮崎市特産

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

空港で振る舞われた黒皮かぼちゃ
空港で振る舞われた黒皮かぼちゃ

 宮崎市特産の伝統野菜「黒皮かぼちゃ」の生産者らが9日、宮崎市の宮崎空港で料理を振る舞ってPRした。24日まで同空港で販売している。

 宮崎中央農協によると、黒皮かぼちゃは甘みと、きめ細かい舌触りが特長で、主に宮崎市の生目地区で生産されている。生産者が少なく、希少野菜となりつつある。12月~6月頃に収穫され、県内や関西の料亭などで食べられているという。

 空港では麺つゆで味付けしたかぼちゃを配った。空港でPRした生産者の横山文男さん(60)は「今年も例年通りおいしく出来た。黒皮かぼちゃならではの味わいを楽しんでもらいたい」と話していた。

無断転載禁止
479657 0 ニュース 2019/03/10 05:00:00 2019/03/10 05:00:00 2019/03/10 05:00:00 空港で振る舞われた黒皮かぼちゃ https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/03/20190309-OYTNI50025-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ