日向神話 色鮮やか 藤城さん原画ステンドグラス

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

日向神話に基づく神々が色鮮やかに描かれたステンドグラス
日向神話に基づく神々が色鮮やかに描かれたステンドグラス
ステンドグラスの下で報道陣の取材に応じる藤城さん(手前)と臼井さん
ステンドグラスの下で報道陣の取材に応じる藤城さん(手前)と臼井さん

 日本を代表する影絵作家、藤城清治さん(95)(東京都)が日向神話を題材に原画を手がけたステンドグラスが、宮崎市の宮崎空港のターミナルビルに完成した。15日に開かれた完成式典で、空港関係者ら約100人にお披露目された。

 ステンドグラスはターミナルビルの吹き抜け空間の上部に設置された。幅21メートルのアーチ形で、最も高い部分の高さは3メートル。100色以上のガラスを組み合わせて作られた。

 岩戸隠れや天孫降臨などの神話を基に、天照大御神あまてらすおおみかみや、須佐之男命すさのおのみことなどが色鮮やかに描かれている。

 ターミナルビルの運営会社「宮崎空港ビル」が、神話を通じて宮崎をPRしようと、日向神話にまつわる作品も制作している藤城さんに原画を依頼。熊本県八代市のJR新八代駅などのステンドグラスを手がけた工芸家の臼井定一さん(71)(埼玉県)がステンドグラスで作り上げた。

 完成式典でステンドグラスが除幕され、宮崎神宮の神職による神事や、高千穂神楽の祝いの舞などが行われた。宮崎空港ビルの長浜保広会長は「日本の宝として輝いてくれると思う」とあいさつ。藤城さんは「原画以上に素晴らしいものになった。日本の素晴らしさや美しさが、ステンドグラスから広がってくれることを期待している」と述べた。

無断転載禁止
584793 0 ニュース 2019/05/16 05:00:00 2019/05/16 05:00:00 2019/05/16 05:00:00 日向神話に基づく神々が色鮮やかに描かれたステンドグラス https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/05/20190515-OYTNI50016-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ