百貨店に共用オフィス ボンベルタ橘

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ボンベルタ橘内にオープンした共用オフィスを紹介する江尻さん(左)と赤沼さん
ボンベルタ橘内にオープンした共用オフィスを紹介する江尻さん(左)と赤沼さん

 異なる業種の人たちが仕事場として使える共用オフィス「ATOMica(アトミカ)」が17日、宮崎市橘通西3のボンベルタ橘東館8階にオープンした。スマートフォンで鍵を開けるシステムなど最先端の設備を整え、起業家やフリーランスなどの活動を支援していく。

 東京のIT企業とデザイン会社、ボンベルタ橘を運営する橘百貨店が合同で設立した「ATOMica」(本社・宮崎市)が運営する。

 同社の代表取締役・最高経営責任者(CEO)に就任した江尻祐樹さん(34)らが、九州でオフィス運営の活動拠点を探し、企業誘致支援が手厚いと感じた宮崎市に目を付けた。橘百貨店の滝沢弘司社長と出会い、場所を決めた。

 広さは約400平方メートル。机や椅子、ソファなどが並ぶ共有スペースや、企業の事務所としても使用できる17部屋の個室や、四つの会議室などが設けられている。デザインを担当した代表取締役・最高執行責任者(COO)の赤沼百生さん(34)は「落ち着いて仕事ができる空間作りを心がけた」と話す。

 会員になれば、ボンベルタ橘の営業時間外でも利用できるのが特徴だ。隣接するホテルを通って、専用の入り口から出入りできる仕組み。専用アプリを使い、スマートフォン上の操作でカギを開閉できる。17日に開かれた開所式で江尻さんは「起業家やフリーランスの人だけでなく、誰でも集まって新しいビジネスを生み出せる場所にしたい」と意気込んだ。

 1日3000円から利用でき、月額のプランも用意した。利用時間は午前5時~午後11時。会員以外の入室は、午前10時~午後6時に手続きをする必要がある。問い合わせはメールでATOMica(info@atomica.jp)へ。

無断転載禁止
643154 0 ニュース 2019/06/18 05:00:00 2019/06/18 05:00:00 2019/06/18 05:00:00 オープンしたコワーキングスペースを紹介する江尻さん(左)と赤沼さん https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/06/20190617-OYTNI50029-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ