えびの高原 足湯再開

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 えびの高原(えびの市)にある「足湯の駅えびの高原」の足湯が6日、再開された。えびの市が4月に建物の所有・営業権を引き継いで以降、足湯は使えない状態だったが、温泉利用許可を得て再開が実現した。

 市観光商工課によると、同施設の足湯では34度の温泉が湧き出し、筋肉や関節の痛み、冷え性などをやわらげる効能があるという。午前10時から午後4時まで利用できる。

 同施設は、宮交ショップアンドレストラン(宮崎市)が3月まで所有・営業していたが、経営不振に伴い、えびの市が譲り受け、観光案内所として運営。足湯の再開には温泉利用許可を改めて得る必要があった。

 足湯の利用を望む来訪者の声を踏まえ、同市は温泉の成分分析などを行い、県の小林保健所から許可を取得した。

無断転載・複製を禁じます
782854 0 ニュース 2019/09/07 05:00:00 2019/09/07 05:00:00 2019/09/07 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ