敬老の日 長寿動物を紹介 フェニックス自然動物園

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

プレゼントされた好物のリンゴを食べるウイロウ
プレゼントされた好物のリンゴを食べるウイロウ
チンパンジーの生態を説明する飼育員
チンパンジーの生態を説明する飼育員

 「敬老の日」の16日、宮崎市フェニックス自然動物園で、長寿のフタコブラクダとチンパンジーを紹介するイベントが行われた。65歳以上は特別に入園無料とし、多くの家族連れでにぎわった。

 午前11時から、フタコブラクダのウイロウ(雄、30歳)を紹介。飼育員が「足腰が弱くなり、立ち上がることも少ないが、食欲はある」と説明。人間だと100歳近くというが、好物のリンゴをプレゼントされると元気に完食した。

 正午からは、「チンパンジーの森」で同園のチンパンジーで最高齢のデビィ(雌、推定47歳)を紹介した。飼育員は来園者に「穏やかな性格で、周りの仲間にエサを奪われても怒らない」と解説。トマトなどの野菜が渡されると他の仲間たちも群がって一緒に食べていた。

無断転載禁止
798339 0 ニュース 2019/09/17 05:00:00 2019/09/17 05:00:00 2019/09/17 05:00:00 プレゼントされた好物のリンゴを食べるウイロウ https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/09/20190916-OYTNI50034-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ