国富にメガソーラー

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

SBエナジーなどが国富町に完成させたメガソーラー
SBエナジーなどが国富町に完成させたメガソーラー

 ソフトバンクグループの子会社「SBエナジー」(東京)などは、国富町嵐田にメガソーラー(大規模太陽光発電所)を完成させた。敷地面積は約46.6ヘクタール。出力約2万2400キロ・ワットで、年間発電量は一般家庭7410世帯分に相当する約2667万7000キロ・ワット時を見込んでいる。

 同社は太陽光発電所や風力発電所を全国各地に建設しており、県内ではえびの市に次いで2か所目。今回は大手リース会社「JA三井リース」(東京)と合同会社を設立し、2017年10月に着工。今月6日から稼働させており、九州電力への売電を進める。

 21日、宮崎市内で記念式典が開かれた。自治体関係者や工事関係者ら約50人が出席し、鏡開きで完成を祝った。SBエナジーの三輪茂基社長は「宮崎は太陽光に恵まれた土地。条件が整えば、次のプロジェクトも手がけたい」と意気込んだ。

無断転載禁止
1011875 0 ニュース 2020/01/22 05:00:00 2020/01/22 11:11:08 2020/01/22 11:11:08 SBエナジーなどが国富町に完成させたメガソーラー https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200121-OYTNI50016-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ