東ティモール警察視察 交番制度など学ぶ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

県警のパトカーについて説明を受ける東ティモールの警察幹部(左)
県警のパトカーについて説明を受ける東ティモールの警察幹部(左)

 日本の警察制度を学ぼうと、東南アジア・東ティモールの警察幹部10人が22日、宮崎北署などを訪れ、交番制度をはじめとした日本の地域警察活動への理解を深めた。

 視察は国際協力機構(JICA)が、警察庁と協力して行っており、一行は、21~23日の日程で県内の交番や警察学校などを見て回る。

 この日は、宮崎北署で署員からパトカーや白バイの説明を受けた。実際に体験乗車したり、さすまたや警棒などの装備品の使い方を教わったりした。

 その後、同署管内の宮崎駅前交番を視察し、駅や駐輪場のパトロールに同行。東ティモールの警察幹部たちは「交番は何人で動いているのか」「病欠などが出た場合、補充はどうするのか」などと質問し、交番制度に興味津々の様子だった。

 同国のバウカウ県警本部長、ヘルメネジルド・ゴンザルベス・ダ・クルスさんは「装備品が充実していて、優秀な警察官がいると感じた。交番の勤務体制のシステムは参考にしたい」と話していた。

無断転載禁止
1014142 0 ニュース 2020/01/23 05:00:00 2020/01/23 05:00:00 2020/01/23 05:00:00 県警のパトカーについて説明を受ける東ティモールの警察幹部(左) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200122-OYTNI50016-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ