聖火トーチ 触って撮影 宮崎で東京パラ催し

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京パラリンピックの聖火リレーのトーチを持って写真撮影できるイベントが22日、宮崎市吉村町にある住宅設備大手・LIXIL(リクシル)のショールームで始まった。

 8月13~25日に行われる東京パラ聖火リレーをPRし、大会の機運を盛り上げようと、スポンサー企業のLIXIL(東京)が全国のショールームで順次、実施している。

 トーチはピンク色のアルミニウム製で、長さ71センチ、重さ約1キロ。上から見ると桜の花の形をしている。この日は親子連れらが手に取って感触を確かめていた。

 トーチの展示は24日までで、受け付けは午前10時~午後5時。問い合わせは、LIXILショールーム宮崎(0985・23・1794)へ。

無断転載・複製を禁じます
1067032 0 ニュース 2020/02/23 05:00:00 2020/02/23 05:00:00 2020/02/23 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ