聖火リレー 懸垂幕撤去

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

懸垂幕を撤去する作業員
懸垂幕を撤去する作業員

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う東京五輪の延期を受け、県は26日、宮崎市中心部に設置していた聖火リレーの懸垂幕や広告を撤去した。

 県庁では、作業員が外壁に掲げていた「希望の道を、つなごう。」と書かれた懸垂幕を取り外す作業を行った。その後、県庁前楠並木通りや橘通りなどに掲げていた「東京2020オリンピック聖火リレー開催」と書かれた100枚のバナー広告を撤去した。

 延岡市の広告は25日、都城市は27日に作業を終えた。

 県総合政策課の担当者は「気持ちを切り替えて、新たな日程で行われる聖火リレーが盛大に行えるよう準備を万全にしていきたい」と話した。

無断転載禁止
1133037 0 ニュース 2020/03/28 05:00:00 2020/03/28 05:00:00 2020/03/28 05:00:00 懸垂幕を撤去する作業員 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200327-OYTNI50030-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

参考画像
100円割引
参考画像
5000円以上お買上で5%OFF(マイカーで御来店のお客様のみ、特価品、食料品は除く)

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ