60人対応へ新動力車 高千穂あまてらす鉄道カート

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

搬入された新しい動力車
搬入された新しい動力車

 高千穂町の高千穂あまてらす鉄道は2日、新しい車両を搬入した。旧高千穂鉄道の高千穂駅―高千穂鉄橋間(2・5キロ)を走る「グランド・スーパーカート」の動力車。6日から運行させる。

 2019年度、カートの乗客数は5万8873人で、過去最多だった。同社は30人を超える団体客に対応するため、客車1両(30人乗り)を増やす計画を進めていた。

 現在は客車を2両の動力車で挟む形で運行。2両に増やした客車を引っ張るために、動力車を追加することにした。

 新型コロナウイルスの影響で今年4、5月の乗客数は昨年同期より約9割減った。感染防止のため、現在乗客は定員の半分にあたる最大15人に減らして運行しており、客車を2両に増やしても30人乗りで営業する。

 同社の斉藤拓由・専務取締役は「安全で安心して高千穂町に来てもらえるよう努め、にぎわいを取り戻したい。新型コロナ収束後には、30人以上の団体客にも対応できる」と話している。

 乗車料金は高校生以上1500円、小・中学生900円、1歳以上の未就学児500円。問い合わせは高千穂あまてらす鉄道(0982・72・3216)へ。

無断転載禁止
1258077 0 ニュース 2020/06/04 05:00:00 2020/06/04 05:00:00 2020/06/04 05:00:00 搬入された動力車 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200603-OYTNI50013-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

東京都知事選2020特集ページ
一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ