林業大学校に宿舎 美郷町計画 長期の研修生向け

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

宿舎の完成予想図(美郷町提供)
宿舎の完成予想図(美郷町提供)

 美郷町は、町内の県林業技術センターで開講した「みやざき林業大学校」の長期課程(1年)の研修生を受け入れる宿舎の新築を計画している。風呂、トイレ、エアコン付きの1K(約30平方メートル)10室を用意し、来年度からの入居を目指す。

 宿舎は木造2階建て(約310平方メートル)。大学校から約1キロ離れた町有地約1540平方メートルで、近く着工する。地元産スギ、ヒノキ材を使い、来年1月の完成を予定している。8台分の駐車スペースも備える。建設費は9889万円。家賃は決まっていない。

 今年度の研修生は20人。うち8人は町外から移り住み、町営住宅などで暮らしながら大学校に通っている。町は研修生たちが安心して生活ができる環境を整え、地域との関わりを深めてもらうことを目的に宿舎を計画した。

 田中秀俊町長は記者会見を開き、「宿舎で過ごす期間に町に愛着を持ってもらい、研修後も町に残ったり、将来の交流人口となったりすることにつながってほしい」と説明した。

無断転載・複製を禁じます
1298818 0 ニュース 2020/06/25 05:00:00 2020/06/25 05:00:00 2020/06/25 05:00:00 宿舎の完成予想図 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200624-OYTNI50024-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ