都城歴史資料館が刷新 きょう開館

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

昭和30年代の一般家庭を再現したコーナー
昭和30年代の一般家庭を再現したコーナー

 展示品の大幅な入れ替えを行うため、5月中旬から休館していた都城歴史資料館(都城市都島町)が4日、開館する。生活道具の展示を充実させたほか、市内の地区ごとにゆかりの文化財を展示するコーナーも新設した。

 昨年、開館30周年を迎えたのを機に展示内容を改めることにした。これまでは昭和40年代まで使われていた脱穀機など農機具を中心に展示していたが、より生活に密着した内容とするため、昭和に使われていたアイロンや冷蔵庫など家電製品を中心とした展示に刷新。昭和30年代と50年代のそれぞれの一般家庭を再現したコーナーも設置した。

 市内を15地区に分けて、それぞれでゆかりがある民俗芸能や史跡に関する文化財も新たに展示した。

 4日からは、太平洋戦争に関する資料や戦争体験談を集めた「あの日々をわすれない―太平洋戦争と都城―」と、市内の遺跡で発掘された旧石器時代や縄文、弥生時代の土器などを展示する「発掘速報展 みやこんじょのお宝発掘!」の2つの企画展も始める。会期はいずれも10月11日まで。

 入館料は一般220円、高校生160円、小中学生110円。8月中は小中高生を無料とする。問い合わせは市教委文化財課(0986・23・9547)へ。

無断転載・複製を禁じます
1318889 0 ニュース 2020/07/04 05:00:00 2020/07/04 05:00:00 2020/07/04 05:00:00 昭和30年代の一般家庭を再現したコーナー https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200703-OYTNI50015-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ