トゥクトゥク 南国を快走 宮崎、日南でレンタカー事業

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

レンタカーとして運転できる「トゥクトゥク」
レンタカーとして運転できる「トゥクトゥク」

 タイなど東南アジアでタクシーとして親しまれる3輪自動車「トゥクトゥク」。南国情緒を感じさせる開放的な車体が特徴で、最近は県内外の観光地で見かけることも増えた。いつか運転してみたいと思っていたら、宮崎、日南両市を拠点にレンタカー事業が行われていると耳にした。「あの車に乗れるのか!」。ワクワクした気持ちで足を運んだ。

 トゥクトゥクは普通自動車免許で運転できる車。屋根はあるものの、左右のドアはなく、風を感じながら走れるのが魅力だ。

 8月下旬、貸出場所の一つである日南市内の宿泊施設「グランピングinカームラナイハーバー」に向かった。ここに「みやざきレンタカー」(宮崎市)が貸し出すトゥクトゥクがある。到着すると黄色とオレンジの車がとまっていた。近くの太平洋や宮崎の青い空に映える色鮮やかな車体だ。

 気持ちがうきうきしてくる。用意してもらったのは4人乗りのオートマチック車。ハンドルはバイクのようなバータイプで、右グリップでアクセルを回す。

 運転席にまたがり、いざ発進。エンジンの心地よい振動が体に伝わり、さわやかな風が車内に流れ込む。交通量の少ない海岸沿いの公道を走ると、青い海と浜辺のすがすがしい景色が目の前に現れた。通行人らが物珍しそうにこちらを見て恥ずかしさを覚えたが、次第に気にならなくなった。

 海辺の広場にとまって休憩。波音に耳を澄ませると、忙しい日々を忘れた。すっかりリフレッシュし、再びハンドルを握り、貸出場所に戻った。

 みやざきレンタカーは、不動産や飲食などを展開する「レジャークリエイトホールディングス」(宮崎市)のグループ会社が運営する。トゥクトゥクのレンタルを始めたきっかけは数年前、同ホールディングスの社員旅行だった。宮崎に似た温暖なタイを車が行き交う風景に、「宮崎でも走らせることができたら面白い」と話が進んだ。

 車両はタイから輸入。九州運輸局で国内で走らせるための登録作業も経て、今年4月からレンタルを始めた。同ホールディングスの浜砂宏章・総務部課長(36)は「トゥクトゥクは夢や楽しさを感じる乗り物。南国・宮崎にぴったり」という。私も実際に乗ってみて、まさに、と納得する。

 「トゥクトゥクは気分を高揚させる魅力がある。冒険の始まりのようなワクワク感を感じてほしい」と浜砂課長。料金は24時間利用で4人乗り1万8000円、7人乗り2万2000円、1か月では4人乗り9万4000円、7人乗り11万円(いずれも税別)。宮崎市中心部にあるみやざきレンタカーの店舗でも車両に空きがあれば借りられる。

 3輪車のためカーブなどを走る際はバランスを崩さないよう注意してほしいという。問い合わせはみやざきレンタカー(0985・20・5262)へ。

無断転載・複製を禁じます
1458303 0 ニュース 2020/09/07 05:00:00 2020/09/07 05:00:00 2020/09/07 05:00:00 レンタカーとして運転できる「トゥクトゥク」 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200906-OYTNI50015-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ