椎葉・土砂崩れ 同僚「非常に悔しい」 実習生1人の死亡確認

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

トアンさんが発見された現場近くの十根川の岸辺で捜索する建設業者ら(18日、椎葉村で)
トアンさんが発見された現場近くの十根川の岸辺で捜索する建設業者ら(18日、椎葉村で)

 台風10号に伴う椎葉村での土砂崩れで行方不明になった男女4人のうち、ベトナム人技能実習生グエン・ヒュー・トアンさん(22)の死亡が確認された18日、村内では悲しみが広がった。残る3人は見つかっておらず、地元の建設業者や消防団員らは、トアンさんが発見された十根川や下流の塚原ダム(諸塚村など)で懸命の捜索を続けた。

 トアンさんが遺体で見つかったのは、土砂崩れ現場前を流れる十根川の約3キロ下流の岸辺。土砂に埋まった状態だったのを捜索中のボランティア男性が発見し、日向署が18日にトアンさんと確認したと発表した。

 18日はトアンさんが所属していた建設会社「相生あいおい組」の関係者や地元の建設業者ら約10人が、午前8時頃からこの岸辺付近で捜索。一帯には流されてきたとみられる土砂が堆積たいせきしており、重機ですくい上げるなどしたが、残る3人の発見には至らなかった。

 トアンさんはまだ行方がわかっていない残る3人のうち、同じベトナム人技能実習生のチャン・コン・ロンさん(23)とともに今春、村で暮らし始め、相生組で技能を学んでいた。相生組の同僚男性(65)は、2人が同僚や住民に「おはようございます」と覚えたての日本語で礼儀正しくあいさつしていた姿をよく覚えているという。「従業員みんなから子どものように愛されていた。こういう形での別れになり非常に悔しい」と言葉を振り絞った。

 河野知事も「故郷から遠く離れた宮崎で活躍されていたトアンさんの冥福めいふくを祈る。依然として3人が行方不明であり、一日も早く発見されるよう願っている」との談話を出した。

 土砂崩れは6日に発生。建設会社を経営する相生秀樹さん(70)の自宅と会社事務所が土砂にのみ込まれ、トアンさんとロンさんのほか、相生さんの妻・勝子さん(68)、勝子さんの長男・泰孝さん(30歳代)が行方不明になった。

 18日は泰孝さんが所属する日向地区建設業協会青年部のメンバー約10人もトアンさんの発見現場近くの十根川で、ドローンを使って3人の手がかりを捜した。土曜日となる19日は、県内の他地区の建設業協会青年部からも120人以上が捜索に加わる予定で、十根川の岸辺に重機を出すなどして3人を捜すという。

 日向地区建設業協会青年部の坂本浩一さん(41)は「何とか見つけたい」と話した。

 県は18日、トアンさんの死亡は台風10号に伴うものと認定した。台風10号で県内で死者が確認されたのは初めて。

無断転載・複製を禁じます
1487910 0 ニュース 2020/09/19 05:00:00 2020/09/19 05:00:00 2020/09/19 05:00:00 遺体発見現場近くで捜索する地元の建設業者ら https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200918-OYTNI50012-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ