読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

コロナ下 今月も献血不足 県赤十字、商業施設で協力求める

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 県赤十字血液センターが27日、宮崎市のイオンモール宮崎で献血への協力を呼びかけ、買い物客らが次々と応じた。新型コロナウイルスの影響で県内の献血者数が減少しており、今月も24日時点で160人分(400ミリ・リットル換算)が不足しているという。

 センターによると、コロナ禍で在宅勤務となった事業所や大学に「献血バス」を派遣できなかったことなどから今年4月以降、必要な献血者数を確保できたのは8月のみだった。

 献血会場ではビニールで仕切りを設けるなど、新型コロナの感染防止対策を徹底。同センターは「献血に行くのは、不要不急の外出ではない。多くの人に協力してほしい」としている。

 同センターは27日、都城市のイオンモール都城駅前にも献血バスを出した。29日は日向市のイオン日向店と日南市のサピア日南ショッピングセンター、30日は高鍋町のホームワイド高鍋店と小林市のホームプラザナフコ小林店で実施する。

無断転載・複製を禁じます
1734007 0 ニュース 2020/12/28 05:00:00 2020/12/28 05:00:00 2020/12/28 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)