読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

県産干したくあんパン セブン―イレブンで発売

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

県産干し大根を使ったたくあんを具材に挟んだコッペパン
県産干し大根を使ったたくあんを具材に挟んだコッペパン

 県産干し大根で作ったたくあんを具材として挟んだコッペパン「干したくあんマヨパン 日向ひなた漬使用」(税込み118円)が19日、コンビニエンスストア「セブン―イレブン」の県内197店舗で発売される。販売は来月28日まで。

 パン製造などを手がける「エーケーエム」(宮崎市田野町)が、たくあん漬けが入った「サラダパン」が滋賀県で親しまれていることをヒントに企画。同じ田野町内にあり、地元の干し大根でたくあんを作る「道本食品」やセブン―イレブン・ジャパンなどと協力し、1年かけて開発した。たくあんはポリポリとした食感を残しつつ、薄く刻んで食べやすくし、マヨネーズを使って甘めに仕上げた。

 販売先は鹿児島県内の店舗でも予定し、売れ行きが良ければ、九州全域に広げる方針。セブン―イレブン・ジャパンの金城知秀・南九州ゾーンマネジャーは「地産地消の商品。地元に愛され、売れ筋になることを期待している」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1779701 0 ニュース 2021/01/19 05:00:00 2021/01/19 05:00:00 2021/01/19 05:00:00 県産干し大根を使ったたくあんを具材に挟んだコッペパン https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210118-OYTNI50014-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)