読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

仮想現実 4Dで体感 宮崎科学技術館に新コーナー

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

テクノエッグでVRを体験する来館者
テクノエッグでVRを体験する来館者

 宮崎市の宮崎科学技術館に27日、仮想現実(VR)の新コーナーがオープンした。目玉は3D映像に振動などを組み合わせた「4D―VR」の世界を体感できる乗り物「テクノエッグ」。初日から来館者が搭乗して驚きの声を上げていた。

 テクノエッグは2人乗りで、専用のVRゴーグルを着用して座席につくとプログラムがスタート。ジェットコースター、雪山滑走の2種類があり、それぞれ3分弱の体験を楽しめる。

 映像に合わせて座席が傾き、振動するほか、風が吹いて臨場感を高める。

 テクノエッグは小学生以上が対象。幼児も利用できるVR視聴機器もある。コーナーの開設期間は5年間。重山史朗副館長は「科学に興味を持ってもらえればうれしい」と話した。

 利用料は無料だが、入館料が別途必要。問い合わせは同館(0985・23・2700)へ。

無断転載・複製を禁じます
1942063 0 ニュース 2021/03/28 05:00:00 2021/03/28 05:00:00 2021/03/28 05:00:00 ジェットコースターのVRを体験する搭乗者 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210327-OYTNI50017-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)