読売新聞オンライン

メニュー

日南の温泉早期再開 嘆願 北郷自治会、市に「住民の宝」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 建築基準法に合致しない不適合箇所が相次いで確認され、4月から営業休止している日南市北郷町の温泉宿泊施設「サンチェリー北郷」について、地元の北郷地区自治会は22日、施設を保有する日南市に対し、施設の早期再開などを求める署名と嘆願書を提出した。嘆願書では施設を「憩いと語らいの場であり、北郷地区住民の宝」としている。

 署名は1~14日に回覧板を通じて呼びかけ、1874人から寄せられたという。市役所で自治会の渡辺倫章会長から署名などを受け取った高橋透市長は「貴重な観光資源の一つ。運営形態や事業費などについて意見交換しながらスピード感を持って再開を目指したい」と述べた。渡辺会長は報道陣に「存続に向け、町民が声をあげる必要があると思った」と語った。

無断転載・複製を禁じます
2150446 0 ニュース 2021/06/24 05:00:00 2021/06/24 05:00:00 2021/06/24 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)