柴田医師が永久名誉顧問 さださん設立法人 同名の賞創設へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

さださんが映る画面の前で委嘱状を受け取る柴田さん(左)
さださんが映る画面の前で委嘱状を受け取る柴田さん(左)

 シンガー・ソングライターのさだまさしさんが設立した公益財団法人「風に立つライオン基金」(東京)が、さださんの楽曲「風に立つライオン」のモデルの医師、柴田紘一郎さん(81)(宮崎市)に永久名誉顧問を委嘱した。柴田さんはケニアで医療活動などに尽力した経験があり、同法人は来年、途上国で医療や教育活動などを行う個人、団体を顕彰する柴田紘一郎賞を創設する。

 柴田さんは30歳代の頃、長崎大医学部の医師としてケニアに渡り、現地の人たちのけがの治療などに従事。帰国後は宮崎医科大(現・宮崎大医学部)助教授などを歴任した。さださんとは長く親交があり、さださんは柴田さんをモデルに楽曲を作ったほか、小説も書いて2013年に出版された。

 15年に設立された風に立つライオン基金は海外で活動する医療、教育関係者の活動への助成や、国内での災害被災地支援などを行っている。

 15日、宮崎市で委嘱状を柴田さんに手渡す式典があり、リモートで参加したさださんは「柴田さんには(法人の)心のシンボルとして、海外で頑張る医師らを応援するために共に活動してもらいたい」と述べた。柴田さんは「こんなに素晴らしいことがあるのかと感謝でいっぱい。生きていることの素晴らしさをつくづく感じた」と話していた。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2617440 0 ニュース 2021/12/22 05:00:00 2021/12/22 05:00:00 2021/12/22 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211221-OYTNI50033-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)