平岡ダムカードに 中部電力 天龍の観光施設で配布

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

平岡ダムのカード。裏面には「中部電力が所有するダムの中では最もゲート門数の多いダム」などの説明がある(中部電力提供)
平岡ダムのカード。裏面には「中部電力が所有するダムの中では最もゲート門数の多いダム」などの説明がある(中部電力提供)

 中部電力は、管理する平岡ダム(天龍村)の「ダムカード」=写真、中部電力提供=を5000枚作製した。同村平岡の観光施設「ふれあいステーション龍泉閣」で無料配布している。

 ダムカードは縦6・3センチ、横8・8センチの名刺大で、表面にダムの写真、裏面にダムの貯水量や完成年などが記載されている。原則、現地に足を運ばないと入手できない希少性から、コレクターらの間で注目されている。

 中部電力が県内のダムをカードにするのは初めて。広報担当者は「放水ゲートの赤色と水が流れ落ちるコンクリート斜面の白色のコントラストが美しいダム。ぜひ見に来てください」と話している。

 配布時間は午前6時30分~午後8時。カメラなどで撮影したダムの写真を提示するか、当日の感想を話せば1人1枚もらえる。問い合わせは、中部電力(0265・54・6907)へ。

無断転載禁止
433359 0 ニュース 2019/02/07 05:00:00 2019/02/07 05:00:00 2019/02/07 05:00:00 裏面には、「中部電力が所有するダムの中では最もゲート門数の多いダム」など平岡ダムに関する説明が書かれている(中部電力提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20190206-OYTNI50056-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ