飛来待つ「グル」写真展 諏訪

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

グルの雄姿を捉えた写真に見入る来場者(8日、諏訪市のタケヤ味噌会館で)
グルの雄姿を捉えた写真に見入る来場者(8日、諏訪市のタケヤ味噌会館で)

 冬の諏訪湖に昨年まで19年連続で飛来していたオオワシ「グル」の雄姿を集めた写真展が、諏訪市湖岸通りのタケヤ味噌会館特設ギャラリーで開かれている。今年はいまだ確認されていないが、主催者はわずかな希望を持ちながら開催に踏み切った。

 諏訪市や岡谷市、辰野町のアマチュアカメラマン8人でつくるグループ「グルマニア」が主催し9回目。グルが最後に確認された昨年3月3日に湖畔の山林を飛び立つ姿のほか、氷上でエサを食べる様子を捉えた作品など、未発表の64点を展示している。

 メンバーの男性(68)は「今のところ姿は確認できていないが、(飛来を)あきらめてはいない。とりあえず写真展で楽しんでほしい」と話している。3月3日まで、午前9時半~午後4時半(3日は午後3時)。入場無料。

無断転載禁止
448122 0 ニュース 2019/02/18 05:00:00 2019/02/18 05:00:00 2019/02/18 05:00:00 グルの雄姿を捉えた写真に見入る来場者(2月8日、諏訪市のタケヤ味噌会館で)=宮坂敏撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20190217-OYTNI50044-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ