新化粧まわしで土俵入り 母校の木曽町中から贈呈

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

土俵入りした御嶽海(15日、大阪府立体育会館で)=大石健登撮影
土俵入りした御嶽海(15日、大阪府立体育会館で)=大石健登撮影

 大相撲春場所(大阪府立体育会館)6日目の15日、上松町出身で東小結の御嶽海は、幕内土俵入りに、母校の木曽町立木曽町中学校(旧福島中学校)から贈呈された化粧まわしを締めて登場した。

 化粧まわしは、同中相撲部OBらが発起人となり、寄付を募って製作。同中の現役生徒たちも空き缶を集めて資金の一部にした。外見と内面がともに備わって充実しているさまを表す校訓「彬彬ひんぴん」の文字や校章があしらわれている。

 発起人会代表(54)は「皆さんの厚意が集まって出来た化粧まわし。1勝でも多く積み上げてほしい」と話した。

栃ノ心に敗れる 御嶽海はこの日、東大関の栃ノ心と対戦。左を固めて押し上げた御嶽海だが、栃ノ心に回り込まれ、上手投げで敗れた。星は五分となり、3勝3敗。

 7日目の16日は、西大関の豪栄道と対戦する。

無断転載禁止
491637 0 ニュース 2019/03/16 05:00:00 2019/03/16 05:00:00 2019/03/16 05:00:00 土俵入りに臨む御嶽海(15日、大阪府立体育会館で)=大石健登撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/03/20190315-OYTNI50054-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ